【データの送り方】iPhoneだけで歌ってみたを作る

iPhoneだけで歌ってみたを作る方法の続きです。

前回は必要なアプリ〜録音方法までを書きました。

https://hashimamiweb.com/【機材費0円】iphoneだけで歌ってみたを作る/

今回はミックス依頼時にミックス師さんへデータを送る方法です。

本記事の内容

1、録音データの書き出し
2、ギガファイル便を使ってデータをアップロード

ハシマミ

音響専門学校を卒業、2018年~ミックス師として115曲ほどミックス(2021年1月現在)をしているハシマミ(@hashimamusic)が解説します♪

ミックス師さんへデータの送り方

録音データの書き出し

ガレージバンドで録音をしたボーカルデータを書き出します。

書き出しをする前に、ボーカルデータにおかしな箇所がないか再生をして、ご自身の耳で確認をお願い致します。

波形画面になっている方は、マイク部分を2回タップして、下の画面にします。

各値を以下に設定します。

Tone = 真ん中
Pitch Control = 一番左
Compressor = 一番左
Drive = 一番左
Vocal Hall = 一番左

これはエフェクト類の設定です。エフェクトはミックスの時に調整をしますので、全て無しにした状態でミックス師さんへデータを渡しましょう。

次に、オフボーカル(カラオケ)音源をミュートします。ミュートにしないとオフボーカルも一緒に書き出されてしまいます。

この部分を右にスワイプスするとミュートボタンが出てきます。

オフボーカルの場所のボリュームマークを青くして、ミュート状態にします(ミュート状態にすると波形がグレーになります)

左上の▽をタップして、「My Songs」をタップ。

「My Songs」のファイルアイコンが表示されますので、ファイル名をタップしてわかりやすい名前に変更をします。

名前の変更が完了したら、ファイルアイコンを長押しして一番下の共有をタップ。

曲をタップ。

非圧縮(WAV) 44.1KH16ビットを選択し、送信をタップします。

「”ファイル”に保存」を選び、GarageBandのフォルダに保存をします。

これで書き出し作業は以上です。

ギガファイル便を使ってデータをアップロード

ギガファイル便のアプリを起動します。

下のアップロードをタップ。

画面中腹部分にアップロード箇所があります。

ファイルの保存期間を変更できますので(データのアップロードをしてから何日間ダウンロード可能にするかを設定)、14日くらいにしておきます。

下の「ファイルを選択」をタップし「ブラウズ」をタップ。

GarageBandのフォルダをタップします。

オフボーカルデータと先ほど書き出したボーカルデータが入っています。

オフボーカルデータも名前がわかりにくければ名前の変更をし、ファイルをタップしてアップロードをします。

ボーカルデータも同じようにアップロードをします。

するとURLが2つ完成しますが、これを1つにまとめます。

下に「Zipファイル名」という箇所があるので、ファイル名を付けて「まとめる(URL発行)」をタップ。

URLが発行されますので、コピーしてメールなどに貼り付けてミック師さんへ送ります。

終わり

これでiPhoneだけで歌ってみたが作れましたね!

ミックスの完成を楽しみに待ちましょう♪

ミックスって何をやっているんだろう?って方にはこちらの記事もオススメです。

https://hashimamiweb.com/【ねぇハシマミ】ミックスってなにやってんの/

それでは、また。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。