コンテンツへスキップ

オリジナル曲作編曲依頼

宮本和樹様のご依頼で、オリジナル曲「血花 ~result~」を詞から作編曲・ピアノ演奏をしました。

宮本和樹様のYouTubeチャンネルはこちら

オリジナル曲の作曲・編曲

「オリジナル曲のメロディ(または詞)はあるのでカラオケが欲しい」
「自分だけのオリジナル曲を一から作って欲しい」
「オリジナル曲をBGM用にアレンジして欲しい」
「楽器(歌)の練習用のカラオケが欲しい」

などなど…カラオケ制作・ピアノ伴奏での制作、BGM用途にボーカルメロディ部分も合わせてアレンジ可能です。

歌とのミックスと合わせてご依頼いただくと、合計より1,000円引きいたします。ミックスメニューはこちら

用語集

詞・メロディから編曲カラオケ制作
メロディから編曲カラオケ制作
詞・メロディから編曲してピアノ伴奏制作

オリジナル曲作曲・編曲料金目安

詳細なお見積もりはお問い合わせください。

– more –

簡単

料金シミュレーション


ご依頼について

◆1種類の楽器→ピアノ伴奏のみなど(ピアノ以外の音色可:エレピ、オルガンetc)
◆2種類以上の楽器→バンドサウンド、オーケストラetc
◆ワンコーラス目安:A→B→サビ→ラストサビ構成程度。
◆1曲のお値段です。複数曲ご依頼の際はご連絡下さい(個人のお客様はお値引きあります)
◆ミックス/マスタリング、商用利用/著作権譲渡(著作者人格権は別)を含む料金です。法人様の買取は別途相談となります。
◆メロディ(鼻歌)からの制作をご希望の際、コード進行が決まっていましたらご依頼時にお知らせください。
◆修正/調整も含む料金ですが、大幅な修正/調整になる場合は追加料金を頂戴いたします。
◆BGM用途でボーカルメロディ部分も含めて制作可能です。
◆ご自身でピアノ演奏をされたい方は楽譜制作も可能です。
◆お急ぎ対応可能です(即日/翌日、3日72時間以内)
◆納期につきまして、お急ぎでない場合、ご依頼内容やご依頼件数にもよりますが目安としては5〜10日程度お時間を頂戴します。ご希望があればご指示下さい(例:○月○日まで、1週間程度等)
◆特に指定がない場合は24bit/48KHz/WAV形式での納品です。
◆クレジットの名前はカタカナで「ハシマミ」と掲載ください。クレジット記載で公開をされている作品については私のSNS・Webページでご紹介させていただく場合がございます。

よくある質問

Q. 値段は1曲分ですか?

A. 1曲のお値段です。複数曲をご依頼の際はご相談ください(個人のお客様はまとめて数曲ご依頼いただくと割引きがございます※ご依頼内容による)

Q. 依頼時に契約書の取り交わしは可能ですか?

A. 可能でございます。初めてのお取り引きなどでご不安な方はご用意ください。署名・押印をさせていただきます(個人のお客様・法人のお客様共通)

Q. 個人での依頼ですが費用が高額なため不安です。全額を前払いしないとだめでしょうか?

A. 全額前払いがご不安な場合、お見積もり金額の6割を頭金として前払いをいただき残額を納品後のお支払い、または、いくつかの作業を併せてご依頼の場合は作業の一部を頭金として前払い・残額を納品後のお支払いでも可能ですので、お気軽にお申し付けくださいませ。
(例:ピアノ伴奏/10,000円と歌のミックス/4,500円をご依頼の場合、10,000円が頭金、4,500円は納品完了後後払い(その他修正やオプションなど追加があれば合わせてご請求))
法人様は全額後払い可能です。

Q. 著作権の譲渡(買取)は可能ですか?

A. 個人のお客様は著作権譲渡(買取)を含む金額となっております。ただし、「著作者人格権を含む譲渡(買取)」の場合は制作費用の80%〜をプラスで頂戴いたします。法人様は著作権のみの買取は楽曲使用の規模にもよりますが、制作費用の50%〜をプラス、著作者人格権を含む買取は制作費用の100%〜をプラスで頂戴いたします。

Q. アダルト作品へ使用するのですが、依頼は可能ですか?また、クレジット表記の希望はありますか?

A. 可能でございます。クレジット表記は「ハシマミ」のままで構いません。

Q. 楽器は生音ですか?

A. 実際に鍵盤を演奏して制作を致しますが、音色は「ソフト音源」のものとなります。細かく調整をさせて頂きますが、生楽器と同クオリティでは出来兼ねますので予めご了承下さい。

Q. 楽器の生演奏は可能ですか?

A. 楽器の種類にもよりますが、可能でございます。料金や納期は別途ご相談になります。

まずは「お見積もりだけ」「話だけ聞いてみる」でもOKです
お問い合わせはこちら

クリエイター

➖ ハシマミ ➖

音響専門学校卒・ピアノ歴30年

作品やストーリーの情景、登場人物の心情に寄り添う曲作りが得意。絵や映像、文章や写真などからインスピレーションを受けて制作を行うことが多い。

「この作品が”遺作”だと思って毎回作っている」

– more –